4KでFF14をプレイしてみたい

オンラインゲームで大人気の新生FF14。高解像度でグラフィックも美麗なため要求スペックの高いゲームタイトルの1つですよね。ドスパラやG-Tuneなど大手ゲーミングPCメーカーが新生FF14推奨PCを発売していますが、iiyama PCも新生FF14推奨PCとのことで興味を惹かれて性能について色々と調べてみました。

BTOに対応した高性能スペック

Core i7-4790とGeForce GTX 760を搭載したタワー型デスクトップゲーミングPCで、パーツのカスタマイズが可能などBTOにも対応してくれています。BTOパソコンであれば、購入後にHDDやメモリを増設したり、パーツごとにパワーアップできるのでコスパがいいんですよね。BTOパソコンを一度使ってしまったら、メーカー製のパソコンには戻れないくらい快適で使い心地がいいです。

[GS7100-i7-RXB-FFXIVスペック]
CPU:Core i7-4790
メモリ:8GB DDR3-1600(8GB×1枚)
GPU:GeForce GTX 760 2GB
HDD:500GB
電源ユニット:700W
OS:Windows 8.1

このままでも十分な性能になっていますが、より快適にプレイしたい人には一部カスタマイズするのがおすすめです。CPUをCore i7-4790kにすれば4.0GHzと高速処理が可能になり、Core i7-4790と比べると1割以上高速になります。また、オーバークロックもすることもできます。

ストレージに関してはSSDを搭載するのがおすすめです。SSDはHDDと比べるとランダムアクセスがはるかに速いので、OSやゲームの起動が高速になります。ただ、SSDのみでは容量がたりないのでHHDも搭載してSSD+HDDの組み合わせにするのが主流です。HDDも今では1TBが主流になってきていて価格も安くなってきているので思い切って1TB搭載すると安心です。メモリもゲームをするなら16GBは積んでおきたいですね。

また、ゲームでもっとも重要なGPUはGeForce GTX 780 Tiに変更することをおすすめします。GTX 760でもいいですが、アップデートなど先を見越したら性能がゲームに追いつかなくなる可能性を伸ばすためです。すぐにパーツの買い替えが必要になったら無駄な出費になってしまいますからね。

4K解像度で「とても快適」を叩きだした!

新生FF14の動作はどれくらい快適にプレイできるのか気になるところですよね。FF14のベンチマークでの計測結果は解像度1,920×1,080の最高品質設定で15,539スコア、解像度2,560×1,440の最高品質設定で10,551スコアと1万超えのスコアで、両方共「非常に快適」です。また、解像度3,840×2,160の最高品質設定で5,431で4K解像度でも「非常に快適」というスコアを叩きだしているため、スペックの高さは明らかです。性能を比較してみるとBTOパソコンおすすめなのはドスパラのFF14推奨PCでした。やはり高性能だと評判なことだけはあります。

PSO2のベンチマークで解像度3,840×2,160で7,950スコア、MHFのベンチマークで解像度3,840×2,160の描画設定5で13,555スコアが計測されました。新生FF14以外にも人気のタイトルも快適にプレイすることができますね。MMORPGだけではなく、FPSも快適プレイが期待できる性能ですね。

4KでプレイできるのはCore i7-4790K+GeForce GTX 780 TiなどのハイスペックPCだけです。これからは4K対応タイトルなどもでてくることが予想されるので、新作ゲームなども快適にプレイしたいと考えているならば、CPUとGPUは高性能なものを搭載しているものを選ぶのがおすすめです。ハイスペックPCをは1台もっていれば長く使えるので、結果コスパがいいです。これからiiyama PCのゲームPCも視野に入れていってもいいくらいですね。