小さくてコンパクトな流行のスティックPCにも冷却ファンが必要なのか

最近流行っているスティックPCですが、冷却ファンがついておりませんでした。
ということで、ここ最近、冷却ファン付きのものが販売されるようになりました。
以下に発売済み、発売予定の冷却ファンつきのスティックPCを掲載します。
・マウスコンピューター:m-Stick PS01F
・エプソン:EndeavorSY01
・インテル:Compute Stick
ファン付きが発売されたということは、ファンが付いてないとどういうことになってしまうのか?という懸念がありますが、以前のファン付きではないものは、HD画像を処理したり高負荷な処理を行うと熱暴走で止まってしまうとの事です。
ちょっとしたネット巡回で使用する分には以前の方のものでも問題無いようですが、これからスティックPCの購入を考えていて高負荷な処理を行うと思うようであれば、ファン付きを購入するのがオススメということになります。
価格はエプソンのものが18000円とより安価なようです。
これから、夏季に入るのでより熱暴走に強い状況が強いられてくると考えられるのでスティックPCの購入をこれから考えられている方がいらっしゃるのであれば、冷却ファン内臓のものが間違いないと思います。
簡単に持ち運びできて、簡単に接続できるものでありますから、TVの裏やディスプレイの裏など、ただでさえ熱がこもる状況が考えられます。
作業中に熱暴走によるPCの停止で、作業中のファイルがとんでしまうなんてあってはならないことですし、考えたくもないです。
まだまだ、発売したばかりで色々と懸念するところは多いスティックPCですが、やはりコンパクトなものは便利ですし、省スペースにもなりますから、より確実なものを購入したいと思うのは人の常だと思えます。気をつけなくてはならないのはどのスティックPCにもLANポートが備わっていないことです。自宅で使う場合はLANケーブルが接続できません。つまり自動的に無線LANが必須になります。もちろん外で使う場合も一緒です。SIMやポケットWiFiを必ず使うようにしましょう。最近はSIMやワイモバイルは制限付きなので、WiMAXキャンペーン比較でキャッシュバックが高額なプロバイダを選ぶのがおすすめです。でもWiMAXもプランによっては1GB制限が自動的に付与されます。WiMAXとWiMAX2+だけ使うプランにしましょう。上記の比較サイトで詳しく解説されているので参考にしてください。WiMAXルーターはスティックPCよりも一回り大きいですが決して邪魔にはなりません。一緒に持ち運ぶようにしましょう。